読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こいつはわたしの犬

精神と時の部屋

渚にて幻

夏の終わり、たまたま耳にした渚にて幻という曲が良かったので、CDを借りてみたら、ボーカルである作曲者がスマートっぽく熱く綴ったセルフライナーノーツがついていてキモすぎてびっくりした。うおおおと思ったことを強烈に覚えているけど、それがゲスの極みの人だとは知らなかった。

流出しちゃったラインのやりとり見る限りお似合いな2人。30すぎてあれはないと思えど、自分を省みるとなんにも言えねー。恋は盲目 愛は妄想 現は夢か幻かと 思っていたとて現は現。幸せになれるなんて思ってなかったよね?と、聞いてみたくなる。

今年は前厄なことが判明した。どうしよう。子供を産むと厄落としになるとか。今からでも12月には間に合うからがんばれと、どの口が言うの。

新しく入ってきた人が、前情報より美人じゃなかった。わざわざ休憩室へきて、大丈夫だからと言う。顔を近づける。こたえてキスをする。大丈夫じゃない美人だったら、来なかっただろうね。後日、むしろ嫌いなタイプ、実際勝ったなと思ったろ?と言われて、そんなことないですよ!!と否定したけど、本当は勝ったと思った。思ってほっとして、いやだと言いながら触られてほっとして、抱かれてやっと落ち着いて、かなり気が立っていたことに気がついた。いくら言葉で言われても全然納得できなかったのが、ただ一度抱かれただけで自然に腑に落ちて、事実安心できてしまった。業深過ぎない、なんなの私…最低だし…

年明けそうそうろくな事ねー 前厄だからかしら いや厄のせいにしてはいけないな…でもベッキーも今年本厄だからな…