こいつはわたしの犬

精神と時の部屋

お別れの歌

もう7月6日になった。休み始めるとあっという間です。

 

6月30日は勤務最終日だった。呼び止められて向かいあって挨拶をした。泣かないぞと思っていたのに、これで最後と思って顔を見ると泣けてきて、お世話になりましたくらいちゃんと言わなきゃと思うのに、言えなかった。係長は係長でまだ何か言いたそうなのに言えないような顔をしていた。帰り際、いつもどおりの簡単な挨拶のあと、やっぱりちゃんと言わなくちゃと思って、わたし追いかけたけど、もういなくなっていて、これで完全に終わった、と思ったら涙も止まった。最終日だというのに目一杯残業して、みんなを見送って帰った。

夜、係長からショートメール。お疲れ様今までありがとう・機会がもらえるのなら話をしたい という内容。大好きでしたよ とだけ送って、会う会わないには答えなかった。

 

7月2日 送別会は断ったのだけど、有志で開いてくれることになっていて、それならと参加してみたら、ほぼ全員が出席していた。大変申し訳なかったけど嬉しかった。みんな優しい。係長は来ていなかった。来てほしかったけど来てほしくなかった。いなかったおかげでのびのびみんなと話ができて、1時くらいまで飲んで帰宅。

 

7月3日 会えないとなると彼がわたしに何を言いたいのか気になる。傷つけられてもこれが最後だしと思って、会いましょうと連絡する。

 

7月5日夜 会う。娘さんが学校で色々あって泣きながら帰ってきたそうで、学校や家からラインが来てる。こんなことしてていいんですか、と聞くと、いやいい大丈夫という。辛い思いをさせていたこと、自分のせいで仕事を辞めることになったこと、人生を悪い方向へ変えてしまったことを、謝られた。自分を庇ってくれていたことも、何も言わない優しさも、わかっていたと(全然わかってないと思いますけどね)、私相手に萎縮して小さくなっていた。そうですね、と言って、だけど好きだった、あなたもいろいろあるだろうけど、このままじゃ全部を無くしてしまうよ、あなたのためにもっと大切なものをしっかり大切にしないとだめですよ、と泣きながら訴えてみた。言いたいことを言えたらスッキリした。色々の真偽はもうどうでもいい。これで終わりなのだし、わたしなりに彼を愛していたことをちゃんと伝えられたのだし。ごはんくらい奢ってくれるのかと思ってた、と嫌味を言うと、送別会のつもりで今度奢るよというので、年の離れた友達としてね、連絡来まくってるし早く帰りましょうと、抱きしめられてキスして別れた。「今度」はもうない。最後まで譲歩して気遣って終わった。けど、それでよかった。車の中で泣いた。

終了です。ゲームセットです。コールド負け…でもないか。さようならわたしの2年3ヶ月。腕のまわらない広い背中。わたしがなんとかしてあげたかったけど、できなかったなぁー。

 

でもこれでようやく自由になった。本当の休みが始まった。せっかくだから、今月中に一人でどこかへ旅行に行ってみようと思う。ボーナスもらい逃げだしね。