こいつはわたしの犬

精神と時の部屋

ばーかばーかばーか
滅多なことで怒ってみせたりしないけど、わたしの心はきちんと怒って、怒りの代わりに泣いているんだぞ
休みの兼ね合いで二週間ほど会わなかった。会いたかった。休みの間も係長のことばかり考えていた。係長も少しは同じだったようで、明日からまた1週間ほど会えなくなるのだけど、その前に今日仕事帰りに会わないかと誘われた。さわらないで 腰を 胸を 手を わたしがあのあと怒りながら泣いたことを、まったく知らないあなた。
それなのにどうして/それでもどうしても、好きだからつらい。誰にでも同じなのも知っている。もうやめたいのに、囁かれた言葉がいつまでも甘い。
それでまあ、今日は断ったんですよ。本心は行きたかったけど、いつまでもこういう気持ちでいることやそのあとまた揺れることに、かなり疲れてきている。
ばーかばーか 一回死ねば あなたもわたしも

書いたら少しすっきりした。