こいつはわたしの犬

精神と時の部屋

ゆめじいとしきみこいし

係長に会いたい。やさしくしてもらいたい。係長ならたぶん、風邪大丈夫かって、鼻声を心配してくれるだろう。当たり前に優しくしてくれるだろう。ほかの人に会うと余計会いたくなる。この人がわたしを好きだということを確認したくなる。わたしのものじゃないのにね。
すべてがむなしい。明日会ったら泣いちゃうかもしれない。シャツの胸を思うように涙で汚してしまいたい。できるわけない。

明日は職場の施設のイベントがあって、毎年係長家族も来場するらしい。わたしは係長と同じ受付の担当だから、きっと色々目の当たりにするだろう。備えて覚悟をしておかないと、ほんとに泣いちゃう。神さまひどい あきらめるから、やめるから、あからさまに心を抉ろうとするのは、勘弁してくださいよ〜。