こいつはわたしの犬

精神と時の部屋

わたしのわたしみ

健康診断の結果はめちゃくちゃ良好だった。糖、脂質はもちろん貧血も改善していて基準値内しかも真ん中あたり、いたってNormal。尿に混じった潜血は不正出血によるものだし、だけど白血球はわかんない、自覚ないけど膀胱炎なのかしら…。婦人科かかってみた方がいいのはわかってるけど、やっぱ足向かないじゃん。7月後半からしてるダイエットの成果は今のところ5キロ減。検査結果がよかったのもそのおかげだろう。

なのにわたしは疲れてる。倒れてからよりはっきり自覚してる。ものすごくまわりに合わせようとしているからで、わたしが不自然だからまわりも不自然になって、馴染んでいかないんだろう。こうするのが好ましいとかこうすべきとかが、わたしはどうなのかを差し置いて瞬間的に出てきて、それにかまけてたら、わたしがどうなのか考えないようになっちゃった。目ざとくいろんなことに気が付いて気にして、ああした方がよかったのかなといちいち小さく後悔して、そりゃ疲れるっつーの、わたしは誰なんだよ。ある程度鈍感な方がきっとうまくいくのに、わからなくはなれない。

 

大森靖子についてたまに考えるけど、愛されるために普段見せないように隠してる、女の愛されない部分をモロに出してるところがね、ほんとに凄いと思うよ。わたしにもある。隠してる。純粋と擦れっ枯らしを持って現実の上を綱渡りするような。わたしも魔法を使えるんじゃないかって思ってたし、使えないなら死にたいって思ってたし、使えなくても生きていかなきゃいけないんだってわかってるよ。かつて女の子だった誰の心の中にも、本当は大森靖子がいるはずで、それを隠さない彼女は偉い。汚れてもがいて生きていく姿は貴い。別にファンでもないんだけど、ものすごくわかる。

西野カナは嫌いじゃないけど、わたしはカラオケで西野カナを歌う女に絶対なりたくないんだよ。わかる? 係長は西野カナ歌ってってわたしによく言った。わかるわけないけど、本当にわたしのことがわかってないよねって思う。彼が欲しいのはそういう女で、わたしはそうじゃなかったっていう、今思えばただそれだけの話だったのかもしれない。