こいつはわたしの犬

精神と時の部屋

恋する凡人

7月末で仕事を辞めることにした。課長、部長と面接をした。今日は5月24日。急いで次を探さなければ。家族に報告しなければ。一緒に働いているおばちゃんに言わなければ。どう言おう…と思うけど、もう引けない。もう待てない。我慢していられない。次のことはどうにでもなると、希望的に明るくも思うし、そう思っていないと恐ろしい。

7月で丸2年と3ヶ月、私がここでしたのは、しょうもない恋だけだった。本当にただただ馬鹿らしいけど、だから、やっぱりやめないといけないよ。誰にも言えないから、わかってもらえないことだけど、間違っていると思わない。こうして仕事を辞めるところまで一連で、自分にも止められない、始めた時から決まっていた結末のように思う。してはいけないことをした自分へのけじめでもある。6月末で8ヶ月、感じて考えて、決断するまで8ヶ月かかって、だから自分の中では、思い詰めてとか、そういうあれじゃないんだけど、でも人にはうまく言えそうもない。私が彼を好きだったことを、どうにも抗えないほど好きだったことを、なかったことにできないから、やめるの。書いてて情けないわ恥ずかしいわ馬鹿らしいわで泣けてくるけど、これ以上どうしようもない。よく頑張ったよ。馬鹿だね。

で、辞めるのはいいけど、仕事を探さないとなんだよな〜〜ないんだよね仕事〜田舎だからさ〜〜 あればそりゃ決めてから辞めてるんだよね〜〜〜。焦りつつ気長にやるしかない。全て前向きに検討するしかない。不安もだけど、そういうわけで部分的に明るい気持ちもあって、それを頼りに、もう頑張るしかない。