こいつはわたしの犬

精神と時の部屋

面接に行ってきた。意外なほど反応良かった。他にめぼしい人がいなれば決まりそうなくらい。7年半の病院での勤務経験が何よりもものを言った。母に言われて思い出したのだけど、私はちょうど10年前に同じ病院の面接を受けている。言われるまで本当に忘れていた。10年前、人生の底を這っていたような頃。当時の様子を知るために過去のブログを読んでみたら、医療事務の資格の勉強中、ということはまだ無資格の状態で、自信も実績も何もないことを自分で十分わかっていながら、勇気を振り絞って顔面蒼白で面接を受けに行ったと書いてあった。自分の長所は?の質問に、えー、せ、責任感が強いことです…と答え、なるほど。責任感が強い、と。という反応に、いたたまれなくなって消えたいと思った、と。このあと夜泣いたの。書いとくもんだよ。思い出した。わたしの10年にはそれなりの意味があったんだと、思えただけでも、受けに行ってよかった。結果が来てからまた色々考えることにする。

 

新人教育がめちゃ忙しい。ずっとこんななのかな。わたしもしてもらったもんな。