読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こいつはわたしの犬

精神と時の部屋

月が綺麗ですね

f:id:anemoneya:20170205000542j:plain
半月が海の上にぽっかり浮かんでた
ムーンリバーですね

係長が最近自分のチーム内がうまくいかないことの救いを私に求めていると感じる。係長の直属の部下は困った人ばかりで揉め事が起きていて、対するわたしは直属でなく、比較的まともで、仕事も割と出来、真面目で人当たりがよく、自分で言うのもなんですがとてもおりこうさんなので(そういうふうにしているからね)、行動や言動が相対的に良く見えて、株が上がっているのだと思う。そっけなくしてもしつこく話しかけてきて、今日は普段来ない休憩室にまでやってきた。私は早々に退出した。都合よく優しくしてくれなくなったのだと、何故わからないの。

テレビなんかでバレンタインという言葉を聞くと、去年係長にチョコ渡したことを思い出して発狂しそうになる。あーあーあー死ね死ねバレンタインと、気付くと誤魔化しのように口から出ている。

いざというときすんなり言葉になるようにここに書いておく。毅然とした態度で目を見て言うと決めている。
「どこまで私をバカにする気なの。お願いだからこれ以上幻滅させないで。」