読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こいつはわたしの犬

精神と時の部屋

逃げるは恥だし役に立たなかったらどうしよう

ハローワークへ行ってみた。年度末の人事異動がめちゃくちゃで、事務が私以外入れ替えになるらしいので、これ以上負担が増えるようならここが線だなと思って。いつでも逃げられるようにするために。人間関係、賃金、業務内容、忙しさ、どこをとっても、これじゃ堪えどころがない。踏ん張れない。踏ん張ったらポキっと折れてしまいそうだ。係長の顔を見るだけでも辛いのにね。誰にも言えないしね。笑

しかしハローワークって怖いよねー。自分のいろいろと、社会のいろいろと向き合って、それで自分からなにか求めるって、けっこう勇気のいることだと思う。みんな勇気出して働いてるんだよなー。ハローワークに行ったことのない人や、ハローワークの怖さをわからない人とは、なんとなく分かり合えないような気さえする。

 

どうでもいいことだけど、私は500色の色えんぴつを持っている。ぬり絵を始めることにした。けどその前に、色えんぴつについてきた色見本を塗ってるんだけどそれが全然終わらない。500色もあると同系色はわずかな違いしかないような色ばかりになるんだけど、それでもほんの少し違っていて、それぞれの色に個性的な名前がついていて、おもしろい。今日の私は黄色が好きだった。