読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こいつはわたしの犬

精神と時の部屋

悲しみは雪のように

あまりに寒いので夏っぽい映像でも

この冬は雪らしい雪が降っていなかったので、遅れて来たな…という感じです。

あー  わたしいつまで調子悪いんだろう。いつまで悲しいって思い続けるんだろう。彼がいない日は普通にできるのに、いるとそれが難しい。

やだな。普通にできない。彼に笑えない。私が彼を許せないから。それができるほど、わたし無感情じゃないし、適当に彼を好きだったわけじゃないよ。ここ!ここなんですよ。自分を許すと彼を許せなくなる。気持ちの溝が深くなるほどに、どうでもいいという境地(解決)からも遠のいている。

やだなあ。

めんどくさ。と思うけど、どうでもいいや。は、まだ言えない。

やだな。(ばかみたい)

やだよ。(くどい)

やだなぁ。