読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こいつはわたしの犬

精神と時の部屋

いろんなこと

日々いろんなことがあるけど、書かないと忘れてしまうぜ。

昨日は家族 4人、車で岐阜へ行ってきた。おばさんの財産管理の諸手続きのため。交代で運転して行く予定にしていて、最初はわたしがしたんだけど、スピード出しすぎて怖いと、割とすぐクビになった。慣れてないんだもん。途中で飛騨牛のステーキ重を食べた。すげー美味しかったけど、こってりしててごはんが全部食べられなかった。確実に肉に弱くなっていて悲しい。あとは大体寝てた。

 

今日係長の奥さんの誕生日だって。早くケーキ買って帰らんきゃババアに殺される と言っていた。私は朝から生理痛がひどくて、気分も落ち込むし、ついに吐き気を催しているときに、ふと耳に入ったこの言葉のせいで、今日一日、係長に優しくできなかった。どうしてわたしの誕生日と近いの。わたしの誕生日は言わなきゃわからなくて、なにもできなくてごめんなのメッセージだけで、顔を見ることも、直接言ってもらうことも叶わない。わかっていることだけ  ど、あまりに無神経じゃないですか。わたしに聞かせなくてもいいじゃないですか。知りたくなかった。好きだって言ってるのに、わかってるって言ったのに、全然ちっともわかってないじゃないですか。万事快調、私があなたを困らせることはないと思ってるのね。と笑顔の裏側で考えていたら、自分でもびっくりするくらい元気がなくなって、愛想がなくなって、ついに係長の顔も見れなくなった。様子がおかしいのを察知して、どうでもいいことをたくさん話しかけてくるけど、どうでもよすぎて余計にうざったくって、まともに相槌もうてない。今日は田原さんに愛想尽かされちゃったな、と言われても、なにも返す言葉もない。早く帰ればと思う、早く帰ってほしい、それだけ。今日は二人で話すこともできなかったけど、考えるとギクシャクしてしまうので、多分明日もダメだろう。私がどうしてこうなのか、彼が分からない限りずっとこのままかもしれない。わたしだって、嫉妬くらいするし、怒りだってするよ。彼にとって些細な一言でも、私には、彼と私の関係を表す象徴的な出来事に思えるんだよ。いつもやさしくてかわいいだけの女なんていない。そういうふうに装っているだけなんだよ。

って言ってもわかんないだろうなーー。

自分がめんどくさくて、もう消えてなくなってしまいたい。彼が悪いけど悪くない。悪いのは私だ。