こいつはわたしの犬

精神と時の部屋

ギャグ100回分愛してください

最近係長に意識的に冷たくしている。どうしたんだという反応。どうもしないよ。心のどこかでずっとしていた我慢がふいに出来なくなって、顔に出て、声に態度に出て、そしたらわたし、怒っていた。何度も泣いたり堪えたり、わからないふりをして笑っていたけれど、ほんとうはいつもちゃんとわかっていた。それを、まあいいやにしておけなくなっただけだよ。

そういう突然の心境の変化を、彼がわかるはずがない。最初から今までずっと、私の気持ちなんてわかっていなかったのだから。それでもいいと思っていた。おんなは海だと思っていた。わたしは所詮水たまりでしかなかったのに!

係長の家の畑の収穫間近のジャガイモが盗まれたと、ラインのタイムラインで流れてきた。心の底からどうでもいいいい!!
 
突然冷たくされてかわいそうだね。機嫌が悪いんだろうと思ってるだろうね。私にとって慰めにならなければ、あなたに心と身体を開く意味がない。
わたしが笑うとものすごく嬉しそうにしてくれる係長のことが好きだった。慣れと惰性の上でわたしの笑顔の価値が下がってしまったのかな。困らせて気を引きたいのかほんとにもういいのか、どうしてこんなに急なのか自分でもよくわからない。でももう我慢できない。わたしのものにならないんだから、欲しがってもしょうがない。
盛大なギャグだと思って、笑うより他にない。


嗣永桃子さん好きです